吸い方の分類

吸い方の分類

たばこの吸い方は、一般的にはシガレットタイプですが他に様々な吸い方があるのでまとめてみました。

シガレット(紙巻たばこ)
紙で巻かれてたばこの意、日常でみるたばこのこと。一般的にはフィルターを通してたばこの香りを楽しみます。自分でたばこを巻いて作成したものは手巻きたばこ、もしくは巻きたばこと表現します。

葉巻
紙巻きたばこの様なフィルターなどの素材を用いずにたばこの葉のみで筒状に巻いたたばこです。またパイプたばこの様に香料を加えて香りをつけたりは基本的にはしません。これらの特徴は葉巻の吸い方に由来するため紙巻きたばこやパイプたばことは喫煙の仕方が異なる。

パイプたばこ
他のたばこの吸い方とは違いパイプという道具を使用してたばこを楽しみます。先端にダルマみたいな円筒状にたばこを入れて吸います。さらに、他のたばこの吸い方と異なる点は、たばこの味、香りを自分の好みに調合して吸う点があります。
たばこの吸い方では最も古く、初期の頃はパイプたばこが一般的でした。たまに時代劇などで登場するキセルも一種のパイプです。

嗅ぎたばこ
たばこの粉を直接吸い込む吸い方です。特に火を使わず、煙を出さないため意外と現代に適した吸い方ですね。

噛みたばこ
口の中でたばこをガムのように噛んでニコチンを摂取する吸い(?)方。こちらも嗅ぎたばこと同様で火も煙もでないです。が嗅ぎたばこよりもマイナーみたいです。


電子たばこの専門店!電子タバコ問屋
 

CopyRight(C) 2005-タバコのいろは