タバコと歯

タバコと歯

愛煙家の私の歯は黄ばんでいます、あなたの歯も黄ばんでいませんか?ついでに歯石も茶色っぽく、歯茎も黒ずんでるでしょう~ね、そうですよね?私はすべて当てはまってますよ~(笑)

この歯の黄ばみはタバコのヤニが付着するためです。(刑事ドラマで犯人がタバコをほしいときにヤニをくれというが、その犯人歯が真っ白なところはいただけませんね~(笑))このヤニが付着することによって歯が黄ばむだけならまだ気にしない人にとってはいいんですが、そのヤニが付着した部分に歯周病の病原菌が付着しやすくなるんですよ。


そして、歯茎の黒ずみはニコチンが歯茎の毛細血管の血流障害をひき起こすために黒ずみが発生します。さらに喫煙者特有の歯茎のメラニン色素沈着による黒ずんだ歯茎がいっそう進行します。


また、タバコに含まれる一酸化炭素は血液中の酸素供給能力を低下させて、歯茎の組織の活性化を阻害して組織の再生や新生を妨げます。


これらのほかにもいろいろとタバコによる影響はありますが、これらが重なり合って喫煙者は非喫煙者に比べて10倍近く歯周病になりやすいという統計データがあります。


歯周病とは歯肉、歯槽骨、セメント質、歯根膜などの歯の支持組織が侵される病気で、喫煙者になりやすい病気です。さらに、喫煙者の歯茎は後退しやすく、歯を支える歯槽骨が解けやすいので歯周病の進行が早く、歯が抜けやすくなります。


かくいう、私もご多分に漏れず歯周病の機雷があります、実際学生の頃に歯の検診で引っかかったこともあります。その頃は、タバコによる影響だとは考えずに単なる歯磨きをサボってしまったせいだと考えていました。いま思うと、たばこのせいでしょう。なぜならその時は、虫歯が一本も発見されていなかったので単なる歯磨きのし忘れだと虫歯になる確率のほうが高いのではないかな?


歯が抜けた、ボケ老人の近道をいまはまっすぐに歩いていますが、こうやってサイトを作成していると禁煙するべきか迷いながらタバコを吸いながらサイト制作をおこなっている、管理人の毎度の言葉ですが、

それでも、煙草はやめれません!!

と強がりを言っていますが、このサイトを作成するきっかけになったのが親知らずが痛くて歯医者にいったのがキッカケです。そのとき、お恥ずかしながら虫歯が13本、上の歯は全部虫歯で下の歯に2本という非常に悲しい&恥ずかしい結果を知らされ、なんでこんなに虫歯だらけの歯になってしまったのかが納得が出来ずに3秒ぐらい考えて、先生に聞いてみるとタバコとコーヒーの性だと指摘されてしまいました。タバコと虫歯は直接の影響はあまりないんですが、私は1日中タバコを吸っているときに片手に大概甘い缶コーヒーを飲む癖がありまして、その甘い缶コーヒーが原因みたいです(歯磨きは朝と夜の二回きっちりやってるつもりです。多分)。それから、タバコに関してどのような影響があるのかを詳細に調べるようになり、タバコの害を理解して、禁煙に取り組みながらも...........

失敗して、愛煙家の道&歯抜け老人&ボケボケ老人の道をまっしぐらに突き進んでいます。ついでに喫煙のときの甘い缶コーヒーもやめれません、なんでかっていわれると私にとって、もん~のすご~く、相性がいいからです。

それではやめれない私とあなたのきんえんのためにその他の症状を見ていきましょう。

電子たばこの専門店!電子タバコ問屋
 

CopyRight(C) 2005-タバコのいろは